ワニ

爬虫類皮革の代表的なものがワニ革です。現在、世界中に生息しているワニは、3科9属23種と言われています。
アリゲーター科は、4属7種、クロコダイル科4属15種、ガビアル科1属1種からなりますが、ガビアル科をクロコダイル科に含める学者も多くいます。
その中で生息数等の関係により、皮革として取引が行われているものは、次の種類のワニです。

肚(はら)ワニ

ワニの背の部分を割き、腹(肚)部の鱗(腹鱗板)をいかしたタイプの革です。(写真参照)

イリエワニ(一般和名); スモールクロコ

商業名:Saltwater Crocodile
学名:Crocodylus porosus

ワニ革の代表格です。ヨーロッパでは、シンガポールワニとも呼ばれています。腹部の四角形(長方形)をした鱗が美麗に揃ったスモールスケールタイプクロコダイルは、ワニ革の中でも最高級品です。
腹の部分の頸から肛門にかけて、鱗の横列の数が約31〜35列あります。又、横腹の部分は、丸い形状の鱗です。
生息地は、パプアニューギニア、オーストラリア、インドネシアなどの入江や河川の海水と淡水との混じる場所です。
現在では、生産量の殆どが養殖になりつつあり、原皮は、主にヨーロッパ、日本、シンガポールへ輸出されています。
高級なハンドバッグ、小物、ベルト等に使用されます。

イリエワニ
Crocodylus porosus
グレージング仕上げ
マット仕上げ

ニューギニアワニ(一般和名); ラージクロコ

商業名:Freshwater Crocodile
学名:Crocodylus novaeguineae

日本で最も多く使用されているワニ革です。腹部の鱗は正方形に近く、鱗の大きさは、スモールスケールタイプより大きく、頸から肛門までの鱗の横列の数は約24〜32列あります。
生息地は、パプアニューギニア、インドネシアなどの淡水の沼や川です。この皮の多くは、野生のもので、主に日本やシンガポールに輸出されています。
用途は、ハンドバッグ、ベルト、時計バンド、小物類等です。

ニューギニアワニ
Crocodylus novaeguineae
グレージング仕上げ
マット仕上げ

ナイルワニ(一般和名); ナイルクロコ

商業名:Nile Crocodile
学名:Crocodylus niloticus

イリエワニ、ニューギニアワニ同様、高級品用の素材として注目を得ています。腹部の鱗は細かく、長方形の鱗板が腹部全体に整然と並んでいます。横腹の鱗は丸みのある長方形で、その巾は他の種類より狭いのが特徴です。
この種は、アフリカ諸国の淡水の沼や河川に生息していますが、現在供給されている皮は、殆ど養殖のもので、特にジンバブエ、南アフリカでは大規模ファームで養殖生産されています。
主な輸出先は、ヨーロッパ、シンガポール、日本です。
用途は、ハンドバッグ、小物、ベルト、時計バンド等です。

ナイルワニ
niloticus
グレージング仕上げ
マット仕上げ

シャムワニ(一般和名); シャムワニ

商業名:Siamese Crocodile
学名:Crocodylus siamensis

ポピュラーなワニ革のひとつです。腹部の鱗の形状は長方形で、イリエワニに似ていますが、それよりやや大きめです。頸から肛門にかけての鱗の横列の数は約30〜34列です。又、横腹の部分の鱗は、丸みのある形状をしています。
生息地は、タイ、ミャンマー、マレーシアなどの沼地や河川ですが、現在、商取引されている皮は、全て養殖によるもので、殆どタイ国から輸出されています。
輸出先は、日本、シンガポールなどです。用途は、ハンドバッグ、小物、ベルト等です。

シャムワニ
Crocodylus siamensis
グレージング仕上げ
マット仕上げ

ミシシッピーワニ(一般和名); アリゲーター

商業名:American Alligator
学名:Alligator mississippiensis

ミシシッピーワニは全体に胴が長く、腹部の鱗の形状はクロコダイル(イ〜ニ等)に比べ、やや長めの長方形をしています。頸から肛門までの鱗の横列数は29〜34列あります。
生息地は、アメリカ合衆国南部のルイジアナ州、フロリダ州などの沼や河川が中心です。
養殖事業は、ルイジアナ州を中心に、大規模に行われていますが、野生のものも毎年数量を定めて捕獲が許可されています。
アメリカ国内でも鞣されていますが、原皮は、ヨーロッパ、シンガポール、日本へ輸出されています。
革の用途は、腹部を利用してハンドバッグ、小物、ベルト、時計バンド等ですが、背部の凹凸の特徴を生かした革(肚ワニに対し、背ワニと呼ぶ)は、アメリカでカウボーイブーツ用として人気を得ています。

アリゲーター
Alligator mississippiensis
グレージング仕上げ
マット仕上げ

カイマンワニ

業界では、バビラス、石ワニ、とも呼ばれています。
カイマン類の皮は、全体に骨質部が多く硬いため、利用されるのは主に骨質の無い顎から脇腹の部分で、これを通常サイド、テンガサイドと呼んでいます。

メガネカイマン(一般和名); カイマン

商業名:Spectacled Caiman
学名:Caiman crocodilus

この種の皮は、全体に骨質部が多く、硬いため、利用されるのは、主に顎から脇腹の部分です。ワニサイド、テンガサイドとして活用されています。
この部分の丸みを持った鱗の表情を活かし、ベルトや時計バンド、印鑑ケースなどに使われています。
しかし、近年では鞣し・仕上げの技術も向上し、骨と呼ばれる硬い部分も柔らかく仕上げることも出来る様になり、その用途も広がりつつあります。
南米の北部、中部及び中米の、沼や河川に広く生息しています。現在は、主にコロンビア、ベネズエラからアメリカ、ヨーロッパ、日本などに輸出されています。

パナマメガネカイマン(一般和名); カイマン

商業名:Central American Caiman
学名:Caiman crocodilus fuscus

パナマメガネカイマンは、メガネカイマンに比べ、骨質部が少なく柔らかいところから、比較的広い範囲の製品に用いられています。
また近年では、鞣し・仕上げの技術の向上により多様な仕上げも可能となり、ファッションに合わせた、ソフトなマット仕上げの革も生産され、腹部及び背部を活かしたハンドバッグ、小物類が多くつくられています。
アメリカ、メキシコでは、このカイマンの背部の凹凸(背鱗板)を活かした、カウボーイブーツが人気を博しています。日本では、脇腹(サイド)部分を、主に時計バンド用として使用しています。
生息地は、中央アメリカです。現在は、コロンビア、ベネズエラより養殖によるカイマンの皮・革が、アメリカ、ヨーロッパ、シンガポール、タイ、日本などへ広く輸出されています。

背ワニ

ワニの肚(腹)の部分を割き、頸部から背部の凹凸(頸鱗板・背鱗板)を活かしたタイプの革です。

ワニの頭部を取り除いた、後頭部にあたるところに、“後頭鱗板”(こうとうりんばん)と呼ぶ隆起があり、続いて頸部に、“頸鱗板”(けいりんばん)と呼ぶ、特徴のある隆起があります。又、背の部分には、“背鱗板”(はいりんばん)と呼ばれる隆起があります。業界では、“頸鱗板”(けいりんばん)をクラウンと呼んでいます。
天然の美しい造形であるクラウンと背鱗板が、背ワニの商品価値を高めています。

イリエワニ(一般和名); スモールクロコ

商業名:Saltwater Crocodile
学名:Crocodylus porosus

イリエワニは、頸部の後頭鱗板が、殆ど見られません。頸鱗板は、ひとまとまりになっており、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小型の鱗板が、1枚ずつ並んでいます。背部の背鱗板は、クラウンのかたまりから大幅に離れたところから、規則正しく16〜17の横列、6〜7の縦列に並んでいます。

イリエワニ
Crocodylus porosus

ニューギニアワニ(一般和名); ラージクロコ

商業名:Freshwater Crocodile
学名:Crocodylus novaeguineae

ニューギニアワニの後頭鱗板は、大型のものが4〜6枚、横一列に並び、頸鱗板は、頸部中央に大型の4枚が、四角形に並びその左右に小さい鱗板が、1枚ずつ並んでいます。
背鱗板は、頸鱗板から離れてやや規則的に17横列、6〜10の縦列に並んでいます。

ナイルワニ(一般和名); ナイルクロコ

商業名:Nile Crocodile
学名:Crocodylus niloticus

後頭鱗板は、1横列で、4〜6枚の大型鱗板からなっています。頸鱗板は、ひとまとまりになっており、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小形の鱗板が、1枚ずつ並んでいます。
背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、比較的規則正しく17〜18横列、8〜9縦列に並んでいます。

ナイルワニ
Crocodylus niloticus

シャムワニ(一般和名); シャムワニ

商業名:Siamese Crocodile
学名:Crocodylus siamensis

シャムワニの後頭鱗板は、4〜6枚で1横列。頸鱗板は、ひとまとまりになっていて、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小型の鱗板が、1枚ずつ並んでいます。
背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則的に16〜17横列、殆どの個体で、6縦列となっています。

シャムワニ
Crocodylus siamensis

ミシシッピーワニ(一般和名); アリゲーター

商業名:American Alligator
学名:Alligator mississippiensis

アリゲーターの後頭鱗板は、2〜3横列に並び、各列にある鱗板の枚数は異なります。頸鱗板は、2横列に並び、各列とも鱗板は2枚ずつあり、このひとまとまりの頸鱗板の後方に、小型の鱗板が1対あります。
背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則正しく17〜18横列、8〜19縦列となっています。

アリゲーター
Alligator mississippiensis

メガネカイマン(一般和名); カイマン

商業名:Spectacled Caiman
学名:Caiman crocodilus

カイマンの後頭鱗板は、2横列で、各列とも大型の鱗板が6〜8枚あります。
頸鱗板は、ひとまとまりになって、4横列あります。最初の2横列は、4枚の大型鱗板からなり、後ろ側の2横列は、2枚の大型鱗板からなっています。
背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則正しく18〜19横列、8〜10の縦列となっています。



HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter