オーストリッチ(駝鳥)とその仲間

天然素材の中でも、第一級のスペシャルレザーとして、デザイナー達の創作意欲をかきたてるのがオーストリッチ(駝鳥)革です。高級化、個性化時代にあって、野性味の中にエレガンスさを秘めた風合いが好まれています。
数百年前には、ダチョウの仲間は9種も生息していましたが、現在ではダチョウ目ダチョウ科1種のみです。亜種としては、マサイダチョウ、キタアフリカダチョウ、ソマリアダチョウ、ミナミアフリカダチョウ、アラビアダチョウなどがいます。
野生のものは、中央アフリカ、シリア、アラビア等の乾燥地帯に分布していますが、減少傾向にあるため、南アフリカのクライン・カルーと呼ばれる地域では、積極的なオーストリッチの飼育が行われ、皮革用として計画的な生産と、理想的な管理がなされています。

また、“走る鳥”ともいわれる駝鳥には、走鳥類の仲間として、オーストラリアのヒクイドリ目エミュー科、ニューギニアのヒクイドリ目ヒクイドリ科1属3種、ニュージーランドのキーウィ目キーウィ科1属3種、さらに南米のレア目レア科2属2種がいます。

ダチョウ(一般和名); オーストリッチ

商業名:Ostrich
学名:Struthio camelus

飛べない鳥として、現生鳥類の中で最大級の鳥であり、アフリカ大陸で固有の独自性をもって生息しています。平均体高は2.5メートル、重さ120キロに達するジャンボサイズですが、走力が非常に優れています。
オーストリッチの皮は、羽毛を抜いた後の丸みのある突起した軸痕(Quill Markクイルマーク)が他の皮革にない、ユニークさをもっています。強靱な皮質で重厚さもあり、立体的な革の特性を活かして、高級品向け素材として幅広く使用されています。
仕上げは、主にクラシックフィニッシュ(Classic Finish)と言われるクイルマークと革を同じ色で染める半マットタイプの顔料仕上げと、サドルフィニッシュ(Saddle Finish)と言われる染料染めの革の表面をブラッシングにより艶を与えて、革らしさとクイルマークを強調した仕上げを行います。
脚部の皮は、レッグと呼ばれ、爬虫類に似たウロコ状の模様が特徴となっています。
鳥の羽根は太古の昔から、貴重な装飾品として使用されてきましたが、オーストリッチの羽毛は、ステージ衣装、インテリア等に利用されています。また、世界的な健康志向から、オーストリッチの肉は、高タンパク、低脂肪のため、近年需要が大きく増加してきました。このため、最近ではヨーロッパ、北米、オーストラリア、中国、イスラエル等々で飼育農場が増加しました。

オーストリッチ
Struthio camelus

サドルフィニッシュ
レッグ

エミュー(一般和名); エミュー

商業名:Emu
学名:Dromaius novaehollandiae

エミューの皮は、ダチョウ(オーストリッチ)に比べ小サイズで、羽根を抜いた後の、軸痕の突起も少なく平らな表情です。
肉は、食用及びペットフードの原料に利用されます。
オーストラリアの平野部の砂漠地帯に生息していますが、国の開発事業によって野生の種は急速に減少しました。
現在、西オーストラリアのパース、南オーストラリアのアデレード周辺に飼育場があります。

ヒクイドリ(一般和名); ヒクイドリ

商業名:Cassowary
学名:Python curtus

他の走鳥類と同様、飛ぶことはできず、翼も未発達です。体高は約1.2メートル位で、北部オーストラリア、ニューギニア及びその地域内の島々の森林地帯に生息しています。
現在では、生息数も少なく、革としての利用は余りありません。

レア(一般和名); アメリカダチョウ

商業名:Common Rhea
学名:Rhea americana

アメリカ大陸に棲む鳥の中では最大です。外観がアフリカのダチョウに似ているところから、アメリカダチョウの異名もあります。
体高は1.2〜1.5メートル、体重は20〜40キログラム位です。羽根を抜いた後の軸痕の突起模様は小さく、皮の面積も小さく、皮質も薄いのが特徴です。
ブラジル北東部からアルゼンチン中央部にかけての、パンパス地帯に生息しています。この他には、ペルー南部からアルゼンチン南部にかけてのアンデス高原でみられる、ダーウィンレアがいますが、小型過ぎて革としての需要はありません。

レア
Rhea americana



HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter