全日本爬虫類皮革産業協同組合 概要

設立・沿革

昭和48年11月
日本爬虫類皮革協同組合に全日本爬虫類皮革産業連合会を 平成15年4月1日に統一、組合名を「全日本爬虫類皮革産業 協同組合」とする。

日本爬虫類皮革協同組合は、昭和48年11月に法人化組織として設立(爬虫類関係組織は、昭和36年に設立された福録会が最初で、その後、昭和42年に日本爬虫類協会に引き継がれ、協同組合設立と同時に解散)。爬虫類皮革の情報交換、会員の親睦、および野生動植物資源保護の規制にからむ行政官庁との密接な連携を目的。 − 全日本爬虫類皮革産業連合会は、昭和55年6月に設立。ワシントン条約の啓蒙と国産皮革製品についての正しい情報の普及を目的。

目的

ワシントン条約の精神と趣旨にそって爬虫類等皮革の円滑な取引を図り、併せて、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位に向上を図るとともに、爬虫類等皮革産業の振興に資することを目的とする。

主な事業

  1. 組合員の取り扱う爬虫類等皮革製品の共同表示

  2. 組合員の取り扱う皮革類海外資源の共同調査及び開発

  3. 組合員の取り扱う皮革類海外資源の共同購入

  4. 組合員の取り扱う皮革類海外資源の共同検査

  5. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

  6. その他各号に関する関連事業

組合員

25社



HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter